東メボン(カンボジア)
 「アンコール遺跡群」 文化遺産・1992年登録

 
元々貯水池(東バライ)の中央に浮かんでいた東メボン
遠くから眺めることを意識して作られています
 
東側から見た主祠堂
 
中央祠堂
破風以外のレリーフは風化しています
 
周壁の四隅には等身大の象の像が立っています

象の像と中央祠堂

 

南側から見た主祠堂
シンハ(獅子)の像が両側に立っています

 

世界遺産ツアーならVELTRA(ベルトラ) / Alan1.net


TOPへ

※写真の無断転載を禁じます