クバール・スピアン(カンボジア)
 「アンコール遺跡群」 文化遺産・1992年登録

 
「川の源流」の意味を持つクバール・スピアン
川のいたるところに彫刻が存在します
 
横たわるビシュヌ神から蓮の花が生えています
 
ナンディンに乗ったシヴァ神の彫刻
 
アーナンダ(蛇)に横たわるヴィシュヌ神と妻ラクシュミー

川底に彫られた2m四方のヨニと無数のリンガ


リンガによって川の水がパワーを持つ聖水となります


シヴァ神と妻ウマがナンディン(牛)に乗って結婚式に向かう彫刻

聖なる水は滝となってシェムリアップ川を流れていきます

駐車場とそこに並ぶ食堂
ここから40分以上も急な山道を歩いて登っていきます

 

世界遺産ツアーならVELTRA(ベルトラ) / Alan1.net


TOPへ

※写真の無断転載を禁じます