プリア・カン(カンボジア)
 「アンコール遺跡群」 文化遺産・1992年登録

 
「聖なる剣」の意味のプリア・カン
東側テラスの横に独特の2階建ての建物があります
 
1階が円柱、2階が角柱の石造建築です
 
東側第二周壁の美しい彫刻に食い込むスポアンの木
 
中央祠堂の屋根は崩れています

中央祠堂の中央にはストゥーバが安置されています
創建当時は観世音菩薩が安置されていたそうです


まだ修復が進んでいません

 

世界遺産ツアーならVELTRA(ベルトラ) / Alan1.net


TOPへ

※写真の無断転載を禁じます