タ・プローム(カンボジア)
 「アンコール遺跡群」 文化遺産・1992年登録

 

訪れる人が少ないタ・プロームの東門とテラス

 

東門のレリーフ

 

東門の回廊を押さえつけるスポアンの木(ガジュマルの仲間)

 

石の間を押し広げるように成長したスポアン

 

どのスポアンも樹齢300〜400年程度

 

 中央祠堂のスポアンはイチジク科の植物(締め殺しの木)の根が張り付いています

 

第一回廊の内側は崩壊したまま修復されていません

 

 南西側回廊に根を張るスポアン
ガイドブックに載っている写真はこの木です

 

スポアンが有名ですが中央祠堂のデバター(女神像)は見事です

 

西側塔門の苔生したデバター

 ラテライト(焼煉瓦)の塔に食い込むスポアン

修復中の西門

周壁の外側は発見当時のまま放置されています

 

世界遺産ツアーならVELTRA(ベルトラ) / Alan1.net


TOPへ

※写真の無断転載を禁じます