昌徳宮(チャンドックン)
 「昌徳宮」 文化遺産・1997年登録

1405年李朝3代大宗により正宮である景福宮の離宮として建立された昌徳宮
他の王宮が日本の植民地支配で破壊されているのに対し、昌徳宮は保存状態がよく李氏朝鮮時代の趣や生活様式を色濃く残しています
建物と自然を守るため、観覧はガイドとともに巡るツアーのみとなっています

仁政殿(インジョンジョン)
昌徳宮の中で最も規模の大きい建物
王の即位式や接見などに使用されていました

正門である敦化門(トンファムン)
1609年に再建された敦化門は、現存する宮殿の正門としては最古のものです
見学ツアーはこの門からスタートします

韓国最古の橋「錦川橋(クムチョンギョ)」を渡って中に入っていきます

左手前の門が仁政門(イムジョンムン)
その奥に仁政殿があります

仁政門から見た仁政殿

仁政殿前の広場には行事の祭に着席の目安となる
位に応じた座席札(?)が置かれています

 仁政殿の隣にある宣政門(ソンジョンムン)
この奥に宣政殿がありますが、内部は公開されていません

王の執務所であった宣政殿(ソンジョンジョン)
現存する宮殿の中で唯一青い瓦が使われています

会議室として使われていた煕政堂(ヒジョンダン)の外壁の装飾

王と王妃の神殿である大造殿(テジョジョン)
最後の王である純宗が崩御した場所です

秘苑(ピウォン)と呼ばれる宮殿の裏側にある庭園
その中にある宙合樓(チュハムヌ)  宮中図書館として使われていました

秘苑のさらに奥にある民家風の建物「演慶堂(ヨンギョンダン)」
男性が居住する舎廊棟(サランチェ)、女性の住まいである母屋(アンチェ)に分かれています

 

【韓国】個人旅行の強い味方、空港送迎から日本語ガイドまで VELTRAにおまかせ!


TOPへ

※写真の無断転載を禁じます