宗廟(チョンミョ)
 「宗廟」 文化遺産・1995年登録

宗廟は、1394年朝鮮王朝が漢陽(ハニャン・現在のソウル)に都を移した際に建築された、
朝鮮王朝歴代の王と王妃の神位(位牌)が安置されている王室の霊廟です。
1395年に完成した建物は、儒教思想に基づいて建築された霊廟で、
国王が世を去るたびに位牌を安置するために増築を繰り返したため、 同時代の単一木造建築物としては世界最大規模を誇っています。

正殿 宗廟の中心的な建物
19人の王とその王妃の位牌49位が安置されています
毎年5月に行われる「宗廟大祭(チョンミョデジェ)」以外は扉は閉じられています

正門である外大門
正殿の規模からは考えられない非常に簡素な作りです
扉の上部が格子状になっているのは、魂が通り抜けられるよう配慮されているからです

外大門を入ると三道と呼ばれる薄石を敷き詰めた通路が続いています

一段高くなった中央の通路は「神路」と呼ばれ、歴代の王の魂が通る道とされていて誰も歩くことができません
右側は王が通る道「御路」、 左側は皇太子が通る「世子路」となっています

東西に広がる正殿と正殿前の広場
左側(西)に祀られた太祖から順に安置されています

位牌が祀られている各部屋の扉「板門(バンムン)」 は固く閉じられていますが、
魂が出入りするための隙間があけられています

 正殿の西側にある永寧殿

追尊された王や王妃など計34位が祀られています

 

【韓国】個人旅行の強い味方、空港送迎から日本語ガイドまで VELTRAにおまかせ!


TOPへ

※写真の無断転載を禁じます