マラッカ(マレーシア)
「マラッカとジョージタウン、マラッカ海峡の古都群」 文化遺産・2008年7月登録

1,400年にマラッカ王国が誕生し繁栄した後、400年以上の間にポルトガル、オランダ、イギリスとヨーロッパの列強国に支配され、独特の文化を形成した古都・マラッカ。
ヨーロッパの影響を受けた街並みと、地元マレー文化との融合で出来上がった特有の文化を見ることができます。
2008年7月に、ペナン島・ジョージタウンと共にマレーシアで初の世界文化遺産に登録されました。

オランダ広場とキリスト教会
マラッカ市街地の中心です
広場の周りには教会の他、スタダイス、時計台なども並んでいます

オランダ占領時代の1753年に完成した木造のプロテスタント教会
内部は公開されておりますが撮影禁止です

オランダ広場の噴水
周りの街並みも、ピンク色で統一されています

スタダイス(旧総督邸)へ向かう階段
沢木耕太郎「深夜特急」にも登場する有名な階段です

スタダイス(旧総督邸)
1650年に建てられ、東南アジアで現存する最古のオランダ建築
現在は歴史博物館として公開されています

当時の大砲などが復元されています

正面の船は大航海時代のガレオン船のレプリカ
内部は海洋博物館になっています


1521年にポルトガルによって建てられたセント・ポール教会
フランシスコ・ザビエルは死後9ヶ月ここに安置されていたが、腐敗しなかったと言われている

セント・ポール教会の内部
フランシスコ・ザビエルの棺のあとがあります

高台の上に立てられているセント・ポール教会
周りにはたくさんの墓があります

セント・ポール教会から見たマラッカ海峡
マラッカタワーと観覧車はこの風景にマッチしていません

サンチャゴ砦 後ろはセント・ポール教会
1511年ポルトガルが上陸した際最初に築かれたもの
19世紀初めにイギリスにより破壊され、門だけが残っています

ババ・ニュニャ・ヘリテージ博物館
裕福なプラナカン(中国人とマレー人の子孫)3世帯が同居していた住居跡
豪華な内装や当時の生活の様子を知ることができます

オランダ広場から川を隔てたジョンカー・ストリート
ショップハウスと呼ばれる商業長屋が両側に並びます

青雲亭(チェン・フー・テン)
1646年に建てられたマレーシア最古の中国寺院

明の永楽帝の命を受けマラッカ大航海を支持した「鄭和」を称えて建てられた寺院です
多くの人が参拝に訪れています

青雲亭の内部
道教・儒教・仏教の神様が祀られている、非常に珍しい寺院です

屋根には陶磁で出来た繊細な中国の美しい装飾が施されています

 

【マレーシア】個人旅行の強い味方、空港送迎から日本語ガイドまで VELTRAにおまかせ!


TOPへ

※写真の無断転載を禁じます