白神山地・十二湖(日本 青森・秋田)
 「白神山地」  自然遺産・1993年登録 

白神山地は青森県と秋田県にまたがる約13万ヘクタールに及ぶ広大な山岳地帯の総称で、このうちの中心部約17,000ヘクタールが1993年12月に鹿児島県屋久島とともに日本で初めて世界自然遺産に登録されました。
世界最大級のブナ原生林が分布し、この中に多種多様な動植物が生息・自生するなど貴重な生態系が保たれています。
今回は白神山地の西端にある十二湖を訪れました。

十二湖散策の起点森の物産館キョロロそばにある『鶏頭場の池』

美しい青色に染まった『青池』
日によって青色が変化する

池は自然のままの状態のため、落葉が水面に浮かび、倒木が池の底に沈んでいる
木製のデッキから見下ろすことができる

鬱蒼としたブナの原生林が続く

樹齢100年を超えるブナの自然林は倒木や下草もそのままの状態が保たれている

十二湖の中で透明度が高い『沸壺の池』

沸壺の池から流れ出る『沸壺池の名水』
平成の名水百選に選ばれた清水で、この水で入れた抹茶が無料でいただける『十二湖庵』もある


沸壺池の名水が流れ込む『落口の池』
夏には蛍が舞う


 


TOPへ

※写真の無断転載を禁じます