ダンブッラ石窟寺院 (スリランカ)
 「 ダンブッラの黄金寺院 」 文化遺産・1991年登録

スリランカ最大の石窟寺院があるダンブッラ。
紀元前1世紀に造られ、各時代の王によって追加修復を繰り返し今の形の石窟寺院となった。
時代とともに色褪せた壁画はその上から新たな壁画で修復されているため、オリジナルな壁画はほとんど残っていない。

石窟寺院がある岩山へのアプローチ
階段もあるが、急な岩山の斜面を登っていく感じ
頂上で靴を預け裸足で参拝する

高さ180mの岩山の頂にある「ダンブッラの石窟寺院」
手前から奥に順に5つの石窟が並んでいる
回廊は最近になって保護のために造られたもの
オーバーハングした岩肌には雨が石窟内に入らないよう段差がつけられている

第1窟「デーワ・ラージャ・ヴィハーラ」(神々の王の寺)
石窟同じ石なので同時に彫られた14mの涅槃仏
全身は黄金色だが足の裏は赤く、花の模様が描かれている

第2窟「マハー・ラージャ・ヴィハーラ」(偉大な王の寺)
5つの中で最大の石窟で、幅52m、奥行25m。
56体の仏像が安置され、壁面や天井に壁画が描かれている。

天井から水が湧き出し、甕にしたたり落ちているが、水の量は増えも減りもしない不思議な聖水。
ダンブッラは「水の湧き出る岩」という意味で、この聖水が由来となっている。

第3窟「マハー・アルト・ヴィハーラ」(偉大な新しい寺)
全長9mの寝仏をはじめ、57体の仏像が安置されている。

第3窟寝仏の周りの仏像

第4窟「パッツィーマ・ヴィハーラ」(3人の王の寺)
キャンディ王朝末期に造られ、今までの3つの石窟に比べるとかなり狭い

右奥の仏像だけが妙に綺麗になっているのは、白人女性観光客が掌の上に座り記念撮影をしたため、
仏像の法力が失われたので塗装をすべてはがし塗り直しをしたそう。
スリランカでは仏像に背を向け一緒に写真撮影することすら禁止されている。

第5窟「テワナ・アルト・ヴィハーラ」
1915年に造られた非常に新しい石窟

仏像だけで一杯になるくらい非常に狭い石窟。


 

\スリランカ/がお得!体験談が豊富な現地ツアーサイト VELTRA


TOPへ

※写真の無断転載を禁じます